後遺障害になったら交通事故相談.JP243436人目の訪問者

交通事故相談.JP【東京日本橋の弁護士】

03-3270-9060 面談は土日(夜間)対応可 ※要予約

アーカイブがありませんでした

民法改正が交通事故に与える影響について②~消滅時効~
民法が改正され、令和2年4月1日より施行されていますが、本改正により、交通事故により発生する損害賠償請求権に関するルールにも影響がありました。 消滅時効 民法改…
2022.04.01
民法改正が交通事故に与える影響について①~遅延損害金~
民法が改正され、令和2年4月1日より施行されていますが、本改正により、交通事故により発生する損害賠償請求権に関するルールにも影響がありました。 遅延損害金 交通…
2022.02.09
被害者の関係者に不注意があった場合
被害者の関係者に不注意があった場合には、賠償額が減額されることがある 交通事故の被害者は、損害額全てを加害者に対して請求できるわけではありません。 もし被害者の…
2017.04.28
交通事故に関わる法律~損益相殺
発生した損害が全て賠償されるのか 交通事故で損害を被った場合、その交通事故によって被害者の方が被った損害額全てを、加害者に対して請求できるわけではありません。 …
2016.06.15
交通事故による臓器の障害「肝臓、腎臓、脾臓、生殖器」
交通事故により胸腹部臓器に障害を残した場合は、臓器ごとに定められた基準に従って後遺障害等級が認められることがあります。胸腹部臓器の後遺障害は将来的な病状の悪化や…
2015.06.23
交通事故による臓器の障害「呼吸器、循環器」
交通事故の衝撃で胸部や腹部に収まる臓器に損傷を負い、その後の日常生活や就労に支障を来した場合は、損傷した臓器ごとに後遺障害等級が認められることがあります。中でも…
2015.06.23
交通事故による神経、精神障害「末梢神経障害」
脳の神経細胞から直接伸びる脊髄神経束を「中枢神経系」と呼ぶのに対し、脊髄から分岐する神経線維は「末梢神経系」と呼ばれ、中枢神経系と筋肉、皮膚、感覚器官等と連絡し…
2015.06.23
交通事故による神経、精神障害「てんかん」
交通事故の衝撃による脳挫傷または頭蓋骨陥没骨折が原因で、脳実質部の損傷が起こり「てんかん発作」を引き起こすことがあります。このような外傷を原因としたてんかんでは…
2015.06.23
交通事故による神経、精神障害「脊髄障害」
脳の神経細胞と直接繋がる脊髄は、脳から送られた指令を身体の各部位へ伝える連絡路としての役割を担っています。交通事故により脊髄を保護する脊椎や脊柱管が強い衝撃を受…
2015.06.23
交通事故による神経、精神障害「高次脳機能障害」
交通事故により頭部に強い衝撃が加わると、脳内部にまでダメージを及ぶことがあります。頭皮裂傷や頭蓋骨の陥没、骨折など明らかな外傷が見られなくても、脳血管や脳神経な…
2015.06.23